yosari

第1回よさこいシンポジウム2019 in Tokyo【今だから話したい、よさこいの「これまで」と「これから」と。】



 

祭りのシーズンもひと段落し、よさこいオフシーズン。

次年度の演舞を制作されているチームも多いのではないでしょうか。

 

こんな時期だからこそ、yosari編集部は思うのです。

「チームや地域関係なく、よさ人が集まって何かできるんじゃないか。」

 

よさこいの良いところって、踊り方や煽り方、隊列の組み方や衣装、音楽のテイストなど…色んな系統があって、お互いに「それっていいね」「そういうのもアリだよね」って言えるところだと思うんです。

 

そんな、それぞれが持つ思い入れや、よさこいの未来についてざっくばらんに話せる場所があれば、よさ人のつながりはもっと広く、深くなっていくはず。

 

そこで今回、yosariと絆国際チーム よさこいアンバサダーである田中恵美子さんの共同企画でよさこいシンポジウムを開催します!

 

 

【開催概要】

第1回よさこいシンポジウム2019 in Tokyo【今だから話したい、よさこいの「これまで」と「これから」と。】

 

▼主催:yosari × 絆国際チーム よさこいアンバサダー 田中恵美子

▼日時
2019年2月5日(火)19:30~21:30

▼場所
BOOK LAB TOKYO 渋谷(http://booklabtokyo.com/

▼参加費
1,000円

▼ゲスト
ZENさん「燦-SUN-」
伊藤公宏さん「SA:GA-彩雅-」
及川信一さん「立教大学よさこい連」
だいそんさん「Another Story by百物語」

【参加方法】
・お名前
・電話番号
・所属チーム(チームに属さない方も大歓迎!)
・ご質問等
以上を記入の上、yosarijapan@gmail.com までメール送信

または、応募フォームにてお申し込みください。

応募フォームはこちら

 

当日は、よさこいチーム代表者の皆さんによる講演と、各テーマに合わせたディスカッションを予定しております!

 

もちろん、私のような現役よさこい人でなくても大丈夫。

社会人になって、学生の頃のようによさこいを踊ることはできないけれど、ふと「よさこいって良いよなぁ、あの時やっててよかったなぁ」と思う人。引退・卒業した今でも、よさこいの演舞を見るのが好きな人。大歓迎です。

 

学生よさ人にも、このシンポジウムで何か自チームに持って帰れるものや、自身の心に残るものがあればな、と思っています。

 

お祭りや踊りとは違った視点から、よさこいを見てみる。ちょっと不思議な感覚で、ワクワクしませんか?

少しでもご興味があれば、ぜひ参加してみてください。私も皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

 

2月5日、あなた自身のよさこい界がきっと広がるはず!

 

 

Text by 日原多瑛子@tae_yosari

 

《 yosariへの寄稿について 》

ただいまyosariでは、寄稿記事を書いてくださる方を募集しています。

「地元のお祭りや自分のチームをもっと広めたい!」「よさこいをもっとたくさんの人に知ってほしい!」という方はもちろん、お祭りやよさこいに対して深い愛情と情熱を持っている方に編集部としてもぜひ記事を書いていただきたいと考えています。

もし寄稿記事を書いてくださる方は、ぜひともこちらのContactページよりお問い合わせいただきますようお願い致します。よさこい愛に溢れる方からのご連絡をお待ちしております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Gallery