yosari

よさこい界に福招く。”祭りの心”を踊るチームでありたい。【七福よさこい連 祝禧】



Text & Photo by 矢野倉司(@tsukasa_43ri

 

——新年あけましておめでとうございます。

2019年となってから早くも半月が経過してしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

昨年はたくさんの方々にお世話になり、夏から始まったこのyosariも無事に2019年を迎えることが出来ました。今年はyosariとしても個人としてもますます飛躍出来る年になればと思います。何卒よろしくお願いします。

 

さて、2018年を思い返すと一年を通して全国各地で災害の多かった年であり、一年の世相を表す漢字も『災』の文字が選ばれたほどでした。西日本豪雨、大阪北部地震、北海道胆振東部地震、記録的猛暑と連日良くないニュースで持ちきりだった気がします。

この2018年の「災」が転じて2019年は「福」と成せばいいなと願うばかりですが、よさこい界にも「福」を招くべく新たなチームが始動しました。

 

『七福よさこい連 祝禧』さんは今年東京都を拠点に誕生したばかりのチームであり、2019年4月の川崎よさこいでプレお披露目、7月の光が丘よさこいで正式お披露目を迎えます。

自分も学生時代にお世話になった先輩方が数多く所属されているという縁もあって、1月12日(土)に行われた説明会にお邪魔させていただきました。

今回はこの『七福よさこい連 祝禧』さんについてや、先日行われた説明会の様子、そして代表を務めているぺそさんにインタビューを行ってきましたのでお伝えして行きます。

 

和を通じて人の輪を成し心の環(わ)を創る。 【七福よさこい連 祝禧】とはどのようなチームなのか。

『七福よさこい連 祝禧』は、東京を拠点に活動するよさこい鳴子踊りチーム。

東京で唯一無二の存在を目指す『TOKYO PHANTOM ORCHESTRA~東京幻影楽団~』さんや、東京からソーランファイナルを目指す『和道』さんで知られるR-ART-WORKSのカイヨシダ氏を総合プロデュースに迎え、このたび東京から高知を目指すよさこい鳴子踊りチームとして産声をあげました。

 

チームのコンセプトは、和を通じて人の輪を成し心の環(わ)を創る。

高知県を発祥としたよさこい鳴子踊りは今やチームや祭りを通して個と地域を繋ぎ、感動を分かち合うコミュニケーションの一つとして全国各地で多くの人に踊られていますが、『七福よさこい連 祝禧』さんもよさこい鳴子踊りを通して人々と喜びを分かち合えるチームを目指しているそうです。

 

また、チーム名である『七福よさこい連 祝禧』の由来は、江戸時代に民間信仰から広がった「七福神」にあやかったもの。

「七福神」は仏教、神道、道教、ヒンドゥー教など様々な宗教がハイブリッドされているため、多様性の象徴でもあります。そんな七福神の多様性のように、メンバー一人一人の個性を集めたチームになるようにとの願いが込められています。

 

1月12日(土)に行われた第3回目となる説明会の様子を見学させていただきましたが、この日はおよそ50名弱の参加者がいたこともあってか新チームとは思えないほど活気がありました。

総合プロデューサーであるカイさんを中心に本格的な練習が行われている反面、初心者の方にも分かりやすいように丁寧にじっくりと、和気あいあいとした雰囲気の中で練習が進められていました。

 

また、練習の後半では参加者を半分に分けお互いに今日学んだ成果を見せ合うという練習を行っていたのが印象的で、この練習をすることで参加者の顔も自然と引き締まっていました。見られるという意識から自分を客観的に捉える心が芽生えたのかも知れません。

時折メンバーから盛り上げる声が出ていたり参加者の笑顔も溢れていて、見ているこちらも思わず一緒に踊りたくなるような非常にいい雰囲気の中で濃い練習が行われていました。

 

目出度く明るい作品に。記念すべき第一作目は「七福招来」。

説明会の始めと終わりには『七福よさこい連 祝禧』さんの記念すべき第一作目となる演舞「七福招来」のお披露目も行われました。

七難即滅、七福即生。七福神が祭りを通して厄災を転じ、福と成す様をモチーフに演舞を作られたそうです。鳴子と正調よさこいを大事にしつつも、七福よさこい連ならではの小道具やテクニックを用いて唯一無二のよさこいを踊るネオ高知系な作品となっています。

チームにとってもデビューとなるこの演舞「七福招来」は、まさにチーム名にふさわしい福を招くようなお目出度い作品になっており、七福神にあやかった7つの振りがあるのも特徴的です。

また、演舞の後半はコンセプト通りに非常に盛り上がる構成となっていて、よさこい界初の試みもいくつか用意しているそう。これも全てチームの目標である目立ちたい、見ている人と一緒に盛り上がりたいという想いが表されていました。

 

この日は特別に男振りの衣装も公開され、こちらもお祭りでは目を引くような派手な配色とデザインとなっていました。女振りの衣装と合わせて目立つ衣装を目指し鋭意制作中だそうです。

演舞や衣装を初めて目にした参加者からは「良かった」という声が多く聞かれ、大きな拍手が起こっていました。

まだまだ制作中の段階ではありますが、この衣装で大人数で力強く踊る様を想像すると「七福招来」はとても楽しみな作品です。

 

見ている方々と煽り煽られ、喜びを分かち合えるチームでありたい。

練習後には代表を務めるぺそさん@ykpnn)こと杉原由佳さんにチームについて色々お話を伺って来ました。

 

——本日はありがとうございました。新チームとは思えない活気に感動しました。まずは『七福よさこい連 祝禧』の結成のきっかけについてお聞かせください。

ぺそ:こちらこそ、ありがとうございました。『七福よさこい連 祝禧』は『さぬき舞人』の東京支部に参加していたメンバーが中心となって結成したチームで、『さぬき舞人』として高知に出場した際にお祭りの雰囲気や踊り子の盛り上がりを肌で感じて、もう一度高知で踊りたいと思ったことがきっかけです。

そこで既にあるチームに所属するというのも一つの手だったと思うのですが、かつて一緒だったメンバーたちと共に踊りたいという想いが強くて、じゃあ自分達でチームを作ってしまおうってことになりました(笑)。

 

——行動力がすごいですね。高知といえば地元を中心に全国各地から様々なチームが参加されていますが、その中で『七福よさこい連 祝禧』が目指す”らしさ”みたいなものはありますか?

ぺそ:高知=隊列・鳴子・振りが揃っていて、見ていて綺麗なイメージがありますよね。もちろん自分達はそういったよさこいも大好きですし、感動します。

でも『七福よさこい連 祝禧』はもっとダンスの要素などを取り入れた全身を使った激しい振りが特徴的で、自分達ももちろんですが、見ている方々も一緒に盛り上がることが出来るような演舞を目指しています。お客さんの心を掴むようなグッとくる演舞が出来ればと思います。

 

——ここ数年、東京を拠点とした社会人よさこいチームの活動がより活発になって来たように感じます。その中で『七福よさこい連 祝禧』として目標などはありますか?

ぺそ:東京の社会人チームさんも見ていて感動するし綺麗なチームさんが多いです。その中で『七福よさこい連 祝禧』はより力強く、見ている方々と煽り煽られるような心に響くチームでありたいです。

また、東京で開催されるお祭りはまだ高知と比べて踊り子とお客さんとの間に距離のようなものを感じるので、お客さんを巻き込んでもっとノッて来れるような演舞を目指しています。

 

——ありがとうございます!最後に参加するか迷っていたりまだチームについて詳しく知らないという方も多いかと思いますが『七福よさこい連 祝禧』の魅力を教えてください。

ぺそ:『七福よさこい連 祝禧』は学生上がりを中心とした若いチームなので、賑やかな雰囲気が特徴です。また、メンバー一人一人の個性を大切にし、コミュニケーションをたくさん取りながら仲良く楽しく活動しています。

その中でもやはり高知は特別な場所で、何よりもメンバーには高知で踊ることを楽しんでもらいたい。よさこいを踊ることを楽しんでもらいたいです。

初心者の方も大歓迎で、踊りのスキルなどは一から丁寧に教えていくので心配ありません。練習もメンバーの進行度に合わせて行う予定なので、チーム一丸となってお祭りに臨みたいと考えています。高知に重きを置いたチームですが掛け持ちも大歓迎です。初年度から大人数で活動したいですね。

そして何より、よさこい鳴子踊りを通して人々に福を招き、喜びと感動を分かち合える”祭りの心”を踊るチームでありたいです。

 

【七福よさこい連 祝禧】の今後の活動予定

練習

初回:2月3日(日)
毎週木曜日 夜・日曜日 昼間 @都内近郊にて開催
※時間は時期・施設によって異なります。練習日程は決まり次第ご報告いたします。

 

募集締切

■一次募集締切:1月31日(木)※川崎よさこいor光が丘よさこいデビュー
■二次募集締切:4月30日(火)※光が丘よさこいデビュー

 

説明会

■2月17日(日)@桐ヶ丘体育館

以降、下記日程で都内各所にて、説明会・体験練習 開催予定

■3月21日(木祝)
■4月21日(日)
■4月28日(日)

七福よさこい連 祝禧 お問い合わせ先 shichifuku.yosakoi@gmail.com

七福よさこい連 祝禧 公式HP

七福よさこい連 祝禧 公式Twitter

七福よさこい連 祝禧 公式Facebook

 

 

「祭り」はそもそも招福祈願、厄除祈念として行われるものであるため、『七福よさこい連 祝禧』さんが目指す想いはまさに「祭り」そのものであると感じました。東京発の新チームは今後全国各地の人々によさこい鳴子踊りを通して福を招き、感動と喜びを与える存在になるのではないでしょうか。

プレお披露目の川崎よさこい、そしていつか高知でも受賞できるようなチームになりたいと力強く語っていた代表のぺそさんの瞳がとても印象的で、練習風景を見ていても自分もこのメンバーの一人として踊れたら幸せだろうなと何度も思いました。

 

自分は今年年男であり厄年でもあるのですが、『七福よさこい連 祝禧』さんの練習を見ているとその笑顔と力強さで厄が払われたような気がしなくもありません(笑)。

 

今回は説明会に呼んでいただき、そしてこうして記事を書かせていただきまして本当にありがとうございました。

『七福よさこい連 祝禧』さんは引き続きメンバーを募集中との事ですので、気になった方は説明会や練習に参加してみてください。

 

それでは。

 

Text & Photo by 矢野倉司(@tsukasa_43ri

 

 

《 yosariへの寄稿について 》

ただいまyosariでは、寄稿記事を書いてくださる方を募集しています。

「地元のお祭りや自分のチームをもっと広めたい!」「よさこいをもっとたくさんの人に知ってほしい!」という方はもちろん、お祭りやよさこいに対して深い愛情と情熱を持っている方に編集部としてもぜひ記事を書いていただきたいと考えています。

もし寄稿記事を書いてくださる方は、ぜひともこちらのContactページよりお問い合わせいただきますようお願い致します。よさこい愛に溢れる方からのご連絡をお待ちしております。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitterで

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Gallery